マイナスの転職理由を変じて就活を成功させる方法

マイナスの転職理由から就活を成功させる方法

★仕事・転職・天職の名言94
★愛の言葉・恋愛の名言集



転職理由を考えると誰しもが不安になる。

転職をするのにはそれぞれ理由があり、誰もが将来のことを考えると不安になることでしょう。
転職理由の大半は、給料面や労働形態、職場の人間関係に不安があることです。

これらのような不安を考えるだけでも、ほとんどの方が落ち込んでしまうでしょう。
しかし、マイナスの転職理由から元気を出して転職を成功させる方法があります。以下に、解説いたします。

マイナスの転職理由から元気を出して転職を成功させるには。

転職理由は作れる。それは興味のある職種を考えること。

まず、あなた自身興味のある職種を中心に転職活動をしてください。
あなた自身本当に好きな職種の転職を考えるだけで、ワクワクして元気が出ることでしょう。

『本当に興味がある仕事に就きたい』という転職理由を作って元気を出すようにしてください。
逆に漠然と『どこでもいいから転職したい』という転職理由であれば、元気を出すのが難しいでしょう。

転職理由など目的を明確にするとしないので、モチベーションを大きく左右されるのです。

前職での悩みを考えすぎない

転職理由の大半は、今現在働いている会社や前職に悩みがあるという方が、ほとんどでしょう。
転職活動中も『前職のような扱いを受けたくない』と考えてしまうと、つい落ち込んでしまいます。

しかし、前職での自分が至らなかったところはキチンと反省し、あとは、
これから転職する未来の楽しいことを考えると、元気が出るきっかけとなるでしょう。

ですので、前の会社のことは極端に考えすぎないで、プラスになるような転職理由だけを考えてモチベーションを上げてください。

転職理由を正直に話して反対する人の声は参考までに

どんな転職理由であれ、正直に話してしまうと必ず反対する方が現れるので、注意が必要です。
このように、自分の夢や目標を否定する方のことをドリームキラーといいます。

反対する方の声は「一理ある」と思ったところはキチンと受け止めながらも
ドリームキラーの話を真に受けると元気がなくなってしまい、モチベーションを大きく奪われてしまいます。

ワクワクするような楽しい未来を転職理由にするときには、ドリームキラーの話は参考までに留めておきましょう。

転職理由はワクワクすることを考える。

すなわち、ワンポイントで押さえておくべきことは、
転職理由は、あなた自身本当に興味があるような仕事に就けるようなものにしていきましょう。

あなた自身に興味があって、さらに「世のため、人のため」になるような仕事だったら、さらに心はワクワクするでしよう。

将来のことを考えてワクワクするようなビジョンを描くことができれば、それだけで元気が出ます。
その元気のエネルギーこそが、転職突破の大切なポイントであるのです。




特別な転職理由なくキャリアや実績がなくてもOK!になる転職の仕方




特別な転職理由もなく、「キャリアが少ないから転職できる自信がない」、「とにかく転職活動が不安…」と何かと不安の多い転職活動。
今よりいい会社で働きたい、など各自転職する目的があるかと思います。

今回は、キャリアや実績以外に、意外と、転職活動で重要視される大切なポイントについてお伝えします。

転職=キャリアや実績のみではない

転職するにあたり、これまでの経歴は一切不要というわけではありません。
転職先でどのくらい即戦力になれるかなど、企業が求めることは多いです。

ただ、キャリアや実績が全てではありません。たとえキャリアや実績がなくても、転職活動を諦める必要性は全くないのです。

ここからは、その理由について詳しく解説します。

転職活動で大切な ‘’振る舞い’’

転職活動の際、情報収集や履歴書の作成、そして面接が一般的な流れになると思います。

その際に外してはならない重要ポイントとしては、
どんなにいい大学を出ていても、どんなに素晴らしいキャリアがあっても、人間として優れていなければ正直全く意味がないということです。

仕事はデジタルで行うものではなく、その状況に合わせて臨機応変に対応しなければいけません。
適応力、そして取引先とのコミュニケーション能力など、社会人に求められることは多岐に渡ります。

転職活動の際、人事担当者は、基本的ベースとしての、あなたの「人間性」を見ているのです。
例えば、履歴書の文字や面接での話し方など、相手に良い印象を与えるには ‘’振る舞い’’ が最も大切なのです。

非言語的コミュニケーションの重要性

「非言語的コミュニケーション」という言葉を聞いたことはありますか?
コミュニケーションは、大きく「言語的コミュニケーション」と「非言語的コミュニケーション」の2つに分かれます。

言語的コミュニケーションは話し言葉によるコミュニケーションで、非言語的コミュニケーションはジェスチャー、姿勢や動きなどを指します。

皆さんは、会話をする際、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションどちらが大切だと思いますか?
おそらく、プレゼンをする際など、何を言おうか内容を一生懸命考えると思いますが、実は非言語的コミュニケーションの方もきわめて大切なのです。

有名な「メラビアンの法則」によると、人が話す時、相手に与える印象はボディランゲージが55%、声のトーンは38%、そして言葉そのものは7%だとも言われています。

要するに、今からキャリアや実績を変えるのは不可能ですが、面接などでこの非言語的コミュニケーションを少し意識するだけで相手に与える印象が大きく変わるということです。

非言語的コミュニケーションの例

・相手の目を見て話す

・声を大きくする

・姿勢を正す

・清潔感のある服装

・笑顔

・ゆっくりわかりやすく話す

・香り

など

非言語的コミュニケーションの例を挙げるとキリが無いですが、全ての共通するのは「意識する」ということです。

これまで非言語的コミュニケーションについて考えることは少なかったかもしれませんが、その重要性に気づけただけでも、すでにライバルよりも一歩リードしています。

では、皆さんの転職活動がうまくいくことを祈っています。

 




  1. 転職のためのパワーが出る映像

    転職面接を突破して人生を切り開く方法

  2. 転職先を夢見る

    女性転職のホットなサクセススタイル(一般・産後)

  3. 将来にかける転職への願い

    技術職などの円満退職の秘訣




翻訳(translation)

  1. 実は世界的経営者の名言に惚れ込んでいる女性

    世界的経営者の名言に惚れ込む(フォード・ドラッカー・ロックフェラ…

    2018.12.03

  2. 元気が出る言葉【苦境を乗り越える名言】

    苦境を乗り越える名言(ヘレン・ケラー/ネルソンマンデラ/ガンジー/…

    2018.12.01

  3. プラス思考の転職女性

    マイナスの転職理由を変じて就活を成功させる方法

    2018.11.24

  4. 将来にかける転職への願い

    技術職などの円満退職の秘訣

    2018.11.23

  5. 転職のためのパワーが出る映像

    転職面接を突破して人生を切り開く方法

    2018.11.23

  6. 転職先を夢見る

    女性転職のホットなサクセススタイル(一般・産後)

    2018.11.22

  7. 元気を出して体操する女性

    幸運を呼ぶ【愛の言葉・恋愛の名言】170を英語でも。

    2018.10.20

  8. 元気を出すために両手でハートを描く

    幸運を呼ぶ強力パワーな言葉・名言・格言(日本語・英語)

    2018.10.14

  9. ピクニックで名言遊びをしている

    アインシュタインの英語の名言をまずは25読んでみる【入門編】。

    2018.08.27

  10. 悩みを面白くバシッと解決するための秘訣

    2017.04.27