世界的経営者の名言に惚れ込む(フォード・ドラッカー・ロックフェラー・カーネギー・稲森和夫・本田総一郎・小林一三)

★仕事・転職・天職の名言94★愛の言葉・恋愛の名言集

ヘンリー・フォード

(フォードモーター創業者  米国の自動車王Henry Ford 1863 -1947)

失敗は、より賢くやり直す機会に過ぎない。 奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える。

If you think you can, or you think you can’t, you’re right.
できると思えば可能だし、できないと思えば不可能だ。

Don’t find fault, find a remedy; anybody can complain. (荒探しをするな、改善策を見つけよ。不満など誰でも言える。)

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young.
(20歳でも80歳でも、学びを止めてしまった人は老いるが、学び続けた人はいつまでも若い。)

Failure is simply an opportunity to begin again, this time more intelligently.
(失敗は、賢くもう一度やり直すための機会である。)

Nothing is particularly hard if you divide it into small jobs.
(どんなことでも、小さい仕事に分けて考えれば難しいことなどない。)

“Obstacles are those frightful things you see when you take your eyes off your goals.
「自分の目標から目を離すと、障害がおそろしいものに見えてしまうものだ」

ピーター・ドラッカー

(「営学の父」「現代経営学」を創り出した経営学者/Peter Drucker (1909-2005)オーストリア生まれ)

The best way to predict the future is to create it.
「未来を予言する最良の方法は、未来を創ることだ」

The most important thing in communication is hearing what isn’t said.
「コミュニケーションで最も重要なことは、言われていないことを聞くことである」

The best way to predict the future is to create it. 未来を予言する最良の方法は、創りだすことだ。

The only thing we know about the future is that it is going to be different.
(将来についてわかっている唯一のことは、今とは違うということだ。)

Unless commitment is made, there are only promises and hopes; but no plans.
(コミットメントがなければ、単に約束と希望があるだけで、そこに計画はない。)

If general perception changes from seeing the glass as “half full” to seeing it as “half empty”, there are major innovative opportunities.
(世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる。)

Start with what is right rather than what is acceptable.
(できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。)

No one learns as much about a subject as one who is forced to teach it.
(人に教えることほど、勉強になることはない。)

ロックフェラー

(ジョン・D・ロックフェラー・ジュニア米国の実業家、慈善家[1874-1960]) I

can think of nothing less pleasurable than a life devoted to pleasure.John D. Rockefeller, Jr.
快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない。

アンドリュー・カーネギー

(19~20世紀のアメリカの実業家) 

義務を果たすことで満足してはいけない。

稲盛和夫

(京セラ創業者) 世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめた時が失敗である。

本田総一郎

(HONDA創業者)
創業当時、私が「世界的視野に立ってものを考えよう」と言ったら噴き出したヤツがいた。

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。

心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。 人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。ちゅうちょして立ち止まっていては駄目である。なぜなら、そこにどんな障害があろうと、足を踏み込んではじめて知れるからだ。失敗は、その一歩の踏み込みだと思う。前進への足跡だと思う。

小林一三

(阪急阪神東宝グループ創業者) 下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。

タイトルとURLをコピーしました