元気が出るひまわりの花言葉

ひまわりの花言葉~エピソード、育て方まで詳しく解説します

■元気でポジティブなイメージ

ひまわりのイメージは?と聞かれて皆さんはなんと答えるでしょうか。
多くの方が明るくて元気、華やかなどポジティブなイメージを挙げるかもしれません。
黄色い大きな花を咲かせ太陽に向かって咲き誇るその光景は、多くの人を圧巻し元気を与えてくれます。
夏になるとさまざまな場所で目にすることも多いでしょう。
公園やテーマパークなど人がたくさん集まるところや庭先でも見かける夏定番の花です。
土の中に根っこを張り元気いっぱい咲いているといったイメージもあり、そのポジティブさから大切な方へのプレゼントに花束にして贈るという方もたくさんいるようです。
ひまわりが大好きという方は、日本人だけではありません。
昔も今も変わらず世界中で愛されていて子どもから年配の方まで老若男女問わず、ファンがとても多いのです。

■花言葉は何?

たくさんの方から愛されるひまわりは、憧れといった花言葉があります。
また、あなただけを見つめるといった意味もあるので、大切な方へのプレゼントにも最適です。
きれいな花とともに愛を伝えたいという方は、愛情たっぷりの花言葉を持つひまわりをチョイスしてみてはいかがでしょうか。
ひまわりは黄色の花を咲かせるという印象がありますが、実はさまざまなカラーがあるんです。
白や紫の花を咲かせるものもあり、その珍しさから高額な費用を出しても手に入れたいと願う方も少なくありません。
色は違えど美しさは変わらず、多くの人を魅了しています。
しかしながら色によって花言葉には違いがあるので、大切な方へプレゼントする際には注意が必要です。
たとえば白は「程よき恋愛」、紫は「悲哀」といった花言葉があります。
このような花言葉があると知れば、選ぶ色を間違えてしまうと大切な方へのプレゼントには不向きだと感じてしまうかもしれません。
驚くことに種類は豊富にあり、現在50を超える品種があります。
中には品種改良されたものもありますが、美しさを誇り育てやすいのも魅力的です。
自宅の庭先にガーデニングスペースがない場合でもプランターで気軽に育てることができます。
カラーやサイズなどさまざまな種類があるので、自分の好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
また、せっかく手間暇かけて大切に育てるのであれば花言葉をチェックしてみると、より楽しんで栽培することができます。
それぞれの品種に合わせてイメージにピッタリな花言葉があるので、ぜひ確認してみてください。

■どんな花?

ひまわりの原産地は北アメリカです。
キク科のひまわり属となっており、夏に花を咲かせます。
茎が長くまっすぐ咲くのも特徴的で見るものを圧巻させる大きな花が元気を与えてくれるでしょう。
大輪の花を咲かせるひまわりにも花言葉があります。
一見ポジティブな意味を持つのではと連想させますが、実は前向きな花言葉ではありません。
偽りの愛や偽金持ちなどといったネガティブな意味合いを持っているのです。
大きければ大きいほど良いイメージがあると思っていた方は意外だったのではないでしょうか。
もし、ひまわりを大切な方へプレゼントするのであれば、おすすめは小輪のものです。
小輪のひまわりは、高貴や愛慕という花言葉があり、大切な方へ思いを伝える際にもマイナスイメージを与えることはありません。
ひまわりは、暑い季節に元気いっぱいに咲く夏の定番の花としても人気を集めています。
太陽に向かってきれいな花を咲かせ、時間とともに向きも変わります。
太陽が移動するとひまわりも花の向きを変えてしまうのです。
こんな特徴があることから、ひまわりという名が付きました。
昔は漢字で書くときに日廻りと書き、太陽とともに花も廻るという意味からひまわりと名付けられたといわれています。
現在では、向日葵と書かれることがメジャーになりましたが、この漢字にも大きな意味があります。
向日葵に使われている葵という漢字は、太陽に向かい育つ植物という意味を持っているのです。
こんなエピソードを聞くと名前の由来にも納得するという方も多いのではないでしょうか。

■コロンブスとの深い関係

ひまわりには、歴史ある人物との深い関係とエピソードがあります。
実はひまわりは、イタリアの探検家であるコロンブスがメジャーにした花としても知られています。
コロンブスはアメリカ大陸を発見した有名な歴史的な人物です。
歴史の教科書にも載る有名人ですが、素晴らしい大発見をしただけでなく植物をヨーロッパに持ち込むなど、世界に大きな影響を与えました。
ひまわりはもともと、インカ帝国で大切に育てられていた花です。
太陽の花や黄金の花として愛されてきたひまわりをマリーゴールドやサボテンなどと一緒にヨーロッパに持ち込まれたことから世界中で愛されるようになり、日本でも馴染み深い花となったというエピソードがあります。

■本数で変わる花の意味

ひまわりを誕生日やお祝いでプレゼントしたいという方もいることでしょう。
また、お世話になった友人や恩師、近所の方に庭先で咲いたひまわりを分けてあげようという方もいるかもしれません。
そんな方は、花言葉をチェックするだけでなく本数にも注目してみるとプレゼントを贈るときにも安心です。
実は、本数によっても花の意味合いは大きく変わります。
特に大切な人にプロポーズするときや誕生日のプレゼントで花を贈るときには、本数にも注意しなければいけません。
よくドラマや漫画で花を1本だけ贈るというカッコいい演出をする男性もいますが、これには一目ぼれという意味があります。
1本でも十分に自分の愛の気持ちを伝えることができますが、告白するならぜひ3本のひまわりを大切な人に贈ってみてください。
3本は愛の告白という意味があるので告白するときにおすすめの本数です。
永遠の愛を誓うなら99本、プロポーズをするなら108本が最適です。
本数によって大きく意味が変わるので、愛の告白はもちろん、失敗したくないシーンでも大切な人をガッカリさせてしまうことがないように事前に確認しておくと安心です。
最近では、フラワーショップでもひまわりを購入できるようになりました。
事前に花束の予約をしておけば、108本のひまわりを用意することも無理なことではありません。
絶対にプロポーズを成功させたい!そんな願いがあるならサプライズを兼ねてひまわりの花束を用意してみてはいかがでしょうか。

■上手に育てて長く楽しもう

きれいな花を咲かせて長くその美しさや可愛らしさを楽しむなら、正しい育て方をチェックしてみましょう。
種を植えて水をあげれば元気に育つのではと思われがちですが、一生懸命愛情をかけて育ててあげるとその分、長くきれいさを保ってくれます。
日当たりの良いところで育てるのはもちろん、さらに水はけの良いところに植えるのがベストです。
また、土には有機物を混ぜ、水肥や腐葉土をプラスしましょう。
ひまわりは、太陽が大好きな花です。
そのため、日当たりが良く温かい場所でなければ元気な花を咲かせることはできません。
発芽の適温は20℃以上です。
春になったら種をまき、成長に合わせて肥料を与えることが大切です。
現在、さまざまな品種が数多く販売されているので、メジャーな黄色いひまわりだけでなく珍しい色の花を咲かせるひまわりを育ててみることをおすすめします。
栽培と同時に花言葉の意味を知り楽しみながら育てるとワクワク感がアップし、夏を元気に楽しく過ごせることでしょう。

おすすめの記事