元気が出るパステルカラーカーネーションの花言葉

赤やピンクやオレンジなどカラーによって花言葉も異なるカーネーション

■カーネーションの花言葉について調べてみました

カーネーションは、ナデシコ科・ナデシコ属の植物です。
学名は Dianthus caryophyllus、南ヨーロッパや西アジアが原産地で、レッドやピンクやホワイトなどいろいろなカラーや種類があります。
そのほかにも、ベルベットブルーやレインボーカラーなど珍しいカラーがあるのも、カーネーションの魅力です。
そんな色鮮やかで美しいカーネーションの花言葉が気になったので、調べてみました。

■カーネーション全体の花言葉は無垢で深い愛や女性の愛など

カーネーションにはいろいろな種類がありますが、全体の花言葉は、無垢で深い愛、純粋な愛情、女性の愛なのだそうです。
そのほかにも、感覚や感動といった花言葉もあるとのこと。
また、西洋圏では、魅惑、魅力、愛情といった花言葉もあるそうです。
花言葉に愛が含まれていますので、カーネーションは、家族、恋人、友人など大切な人にプレゼントするには、最適なお花といえます。

カーネーションの色と花言葉

■母の日のギフトとして定番の赤色カーネーション

日本では、母の日のギフトとして、赤色のカーネーションを贈るのが定番となっています。
赤い色のカーネーションの花言葉についても調べてみましたが、母への愛、母の愛なのだそうです。
母親への感謝の気持ちを伝えるのに、ふさわしい花言葉だと思いました。
赤色のカーネーションの花言葉を調べていたら、子どもの頃にお小遣いを貯めて、母の日のプレゼントを買ったことを思い出したのです。
数百円のお小遣いを握りしめて近所のお花屋さんへ行ったのですが、店頭にはたくさんの美しいお花が並んでいました。
母の日用としておしゃれにラッピングされたカーネーションの鉢植えなども並んでいて、いろいろなお花を眺めているだけで、楽しい気持ちになってしまったのです。
ただ子どものささやかなお小遣いでは、高価なお花を買うことができなかったのです。
私はそのお花屋さんで一番安価で、小さなカーネーションの花束を選びました。
安いカーネーションでも、母はとても喜んでくれたので、プレゼントして良かったと思いました。
そのときに、私は人にお花を贈る意味や喜びを知ったのです。

■オレンジ色のカーネーションの花言葉は純粋な愛

オレンジ色のカーネーションの花言葉は、純粋な愛や清らかな慕情というだそうです。
オレンジ色は、明るくて、元気なイメージがあるので、このような花言葉のカーネーションをお部屋に飾ったら、気持ちもポジティブになりやすいと思います。
また、オレンジ色のカーネーションには、あなたを熱愛しますという花言葉もあるそうなので、想いを寄せる方や恋人へのギフトにも良いかもしれません。

■ピンク色のカーネーションの花言葉は女性の愛

可愛らしい印象のピンク色のカーネーションには、女性の愛、熱愛などの花言葉があるそうです。
そのほか、美しい仕草、上品、気品などの花言葉もあるので、母親や恋人など、女性へ贈るのにはおすすめのお花だと思います。
優しいイメージのあるピンク色は、気持ちもハッピーにしてくれるので、もらって喜ばない女性はいないでしょう。
私もピンク色のカーネーションの花束を退職するときに、同僚からプレゼントしてもらったことがあります。
普段、ピンク色を自分で選ぶことがなかったので、とても新鮮な気持ちになりましたし、とても嬉しかったです。
ピンク色のカーネーションには、感謝や温かい心という花言葉もあるそうなので、お世話になった方や退職などお別れのときのプレゼントにベストなお花だと思いました。

■黄色のカーネーションの花言葉は嫉妬や軽視などがある

黄色のカーネーションは、温かみのある優しげな雰囲気があり、とても素敵なお花です。
個人的には、黄色はとても大好きな色です。
ですが、意外なことに黄色のカーネーションの花言葉は、嫉妬なのだそうです。
侮蔑、軽視、愛情の揺らぎなどの花言葉もあるそうなので、誰かにプレゼントするには向かないときもあると思いました。
ただ、黄色のカーネーションには、友情という花言葉もあるので、友人へのプレゼントなどには良いのかもしれません。

■青いカーネーションの花言葉は永遠の幸福

カーネーションは、赤色やピンク色が定番人気となっていますが、青い色の珍しいカラーも人気があります。
青色のカーネーションはもともと自然界には存在しておらず、青色の水を吸わせて着色して作られています。
最近では、遺伝子組み換え技術で作られた青色のカーネーションもたくさん出回るようになってきました。
人工的に作られたカラーのお花ですが、引き込まれるような美しい青色の花弁はとても魅力的です。
そんな青色のカーネーションには、永遠の幸福という花言葉が付けられているそうです。
なぜ、永遠の幸福なのかというと、青色のカーネーションを作るのは技術的に非常に難しく、作ることができたら一生幸せになれるだろうという開発者の想いが込められているからなのだそうです。
永遠の幸福という花言葉の青色のカーネーションは、誰かの幸せを願う際のプレゼントにふさわしいお花だと思います。

■グリーン色のカーネーションの花言葉は癒しや純粋な愛情

赤色やピンク色と比べると、目立ちにくいグリーン色カーネーションですが、癒しや純粋な愛情という花言葉があるそうです。
グリーンは、気持ちをリラックスさせて、穏やかな気持ちにさせてくれる作用があるといわれています。
近所の公園を散歩しているだけでも、気持ちがリフレッシュされるのは、グリーンの癒し効果のおかげなのでしょう。
お仕事などが忙しくして、疲れている人へのプレゼントとして、グリーン色のカーネーションを贈ったら喜ばれるかもしれませんね。
また、誰かへのギフトとしてだけでなく、リラックスしたいときの自分用のプレゼントとしても最適なお花だと思います。

■白いカーネーションの花言葉は純粋な愛や愛の拒絶

真っ白なカーネーションは、清潔感があり、新鮮な気持ちにさせてくれます。
花言葉は、純粋な愛や尊敬だそうです。
ただ、白いカーネーションには、愛の拒絶という花言葉もあるそうなので、好きな人へのプレゼントとして贈る際には、慎重になったほうが良さそうです。
シンプルですが、とても美しいお花なので、どんなお部屋とも相性が良いですし、インテリアには、ふさわしいお花だと思います。

■紫色のカーネーションの花言葉は気品や誇り

エレガントで、どこか神秘的なイメージのある紫色のカーネーションには、気品や誇りという花言葉があるそうです。
一方で、気まぐれや移り気という花言葉もあるそうなので、紫色のカーネーションをプレゼントするときには、誤解を与えないようにしたほうが良いかもしれません。
大人っぽくて、ミステリアスな紫色のカーネーションは、とても魅力的なお花だと思います。

■レインボーカーネーションの花言葉は感謝

赤や青や黄色など色とりどりのレインボーカーネーションも人気があります。
一つでいろいろなカラーが楽しめるの魅力のお花です。
レインボーカーネーションは自然界に存在するものでなくて、白色のカーネーションに、いろいろなカラーを吸わせて着色して作られています。
花言葉は感謝で、見た目もカラフルでとてもきれいですし、言葉では伝えきれない感謝の気持ちを伝えるのにベストなフラワーギフトだと思います。

おすすめの記事