西郷隆盛の名言散歩

「西郷どん」で知られる西郷隆盛は明治維新や江戸城無血開城など、多くの歴史的事件に関わった人物です。鹿児島県を愛し、51歳で自決するまで国を良くするために行動していました。なぜ現在も多くの人に愛されているのか、プロフィールや名言から読み解いていきましょう。

名言の多い西郷隆盛のプロフィール

 

西郷隆盛は1827年鹿児島県下鍛冶屋町に生まれました。薩摩藩の下級武士の家で育ち、生活は非常に貧しいものでした。子どもの頃に喧嘩の仲裁に入り腕を怪我したため、武術の道へ進むことを諦め勉学に励んでいました。 18歳から10年間農民から年貢を集める薩摩藩の仕事に従事し、農民が苦しむ様子を見てきたことがきっかけで農政に関する嘆願書を提出します。嘆願書を見た島津斉彬は1854年に江戸へ連れていきさまざまな仕事を与えました。 島津斉彬に忠誠を誓った西郷隆盛でしたが、斉彬が急死した際には未来を悲観して自殺を図ります。一命を取り留めて奄美大島で療養した後に鹿児島へと戻り、その後は南の島を転々としました。しかし子どもの頃学問に励んでいたため島でも塾を開き才能を開花させていました。 島を転々としている間に世間では多くの事件が起きていて、薩摩藩内部では西郷隆盛を藩に呼び戻そうとする動きがありました。薩摩藩に連れ戻された後の1866年には現在も歴史の授業で習うほど有名な薩長同盟を結びます。 その後も江戸城無血開城や廃藩置県などに関わりさまざまな活躍をしました。江戸で活躍をした後は鹿児島県に戻り私学校を創設します。通常の勉強以外に海外への留学制度などもあり、私学校の卒業者は鹿児島県の要職つくようになりました。 私学校の出身者が要職の割合を占めて反政府を掲げるようになったため、政府との関係がうまくいかず西南戦争が勃発し、1877年に政府軍に追い詰められた西郷隆盛は924日、自決によりこの世を去りました。

西郷隆盛の名言

 

西郷隆盛の言葉で一番知られているものは「敬天愛人」です。天を敬い人を愛するという意味で、現代でも企業理念として敬天愛人を掲げている企業は多くあります。他にどのような言葉を残したのか具体的にご紹介します。

西郷隆盛の名言:政治に関すること

・文明とは正義の広く行われることである。豪壮な邸宅、衣服の華美、外観の壮麗ではない。 時代の変化に翻弄されたから人物であるこそ出てくる言葉だといえます。文明とは豪華さや華美さを表すものではありません。私腹を肥やして力をアピールする人が政治の世界で長続きすることはないのです。 ・命も要らず、名も要らず、位も要らず、という人こそ最も扱いにくい人である。だが、このような人こそ、人生の困難をともにすることのできる人物である。またこのような人こそ、国家に偉大な貢献をすることのできる人物である。 国を良くすることを目指して行動していた西郷隆盛は戦争を好みませんでした。西南戦争が勃発するまでは私学校で教育に専念していたことからも、名誉や位よりも国や子どもたちのために生きていたことがわかります。 ・どんなに方法や制度のことを論じようとも、それを動かす人がいなければダメである。まず人物、次が手段のはたらきである。人物こそ第一の宝であり、我々は皆人物になるよう心がけなくはならない。 時代を動かした人物の共通点は考えるだけでなく実際に行動に移している、ということです。貧しい家庭に生まれましたが、勉学に励み政府や藩のために行動していました。西郷隆盛は多くの人に愛される人柄で、愛称である「西郷どん」には敬意の他に親しみも込められています。

西郷隆盛の名言:生き方に関すること

 

・断じて行えば、鬼神もこれを避ける 鬼神とは恐ろしい力を持つ神のことを指し、強い決意を持って行動すれば鬼神でさえも道を避けるという意味になります。西郷隆盛は身長180センチ、体重100キロを超えていたと言われているためとても迫力を感じられる言葉です。 ・人を言いくるめて、陰でこそこそ事を企てる者は、たとえそれがうまくいったとしても、物事を見抜く力のある者から見れば、醜いことこの上もない。人に提言するときは、公平かつ誠実でなければならない。公平でなければ、すぐれた人の心をつかむことはできないものだ。 西郷隆盛は誠実で仲間思いの人物だったので、表面的にはうまくしていても裏では悪いことをしている人を許せなかったのでしょう。誠実な行動を見ていてくれる人は必ずいるので、真正面からぶつかっていくべきです。 ・自分を愛することは、最もよくないことである。修業ができないのも、ことが成就できないのも、過ちを改めることができないのも、自分の功績を誇って驕り高ぶるのも、みな自分を愛することから生ずることであり、決して自分を甘やかす心を持ってはならない。 自分を愛することは自身を認めることであり、甘やかすこととは違います。自分の能力を正確に把握して鍛錬を続けていくことが大切なので、甘やかさずに修業を積んで過ちを認めましょう。コツコツと修業を積めば人として成長できるようになります。

西郷隆盛の名言:心に関すること

・人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。 他人のせいにせず、自分自身と向き合うことが重要だと説いた名言です。人のせいにするのは簡単ですが、人として成長することはできません。他人ではなく自分がどうしたいの考えて行動していくことで、自分の至らなさに気づけるのです。 ・この世の中で後の世でも信じ仰がれ、喜んで従おうとするものは、ただ一つ誠の心だけである。昔から父の仇を討った人はたくさんいるが、その中でひとり曾我兄弟だけが、今になっても子どもや女性にいたるまで、知らないものがいないのは、多くの人にぬきんでて誠の心が厚いからである。誠の心がないのに世間の人から誉められるのは偶然の幸運に過ぎない。誠の心が厚ければ、たとえその当時に知る人がなくても、後の世に必ず理解してくれる人があらわれるものだ。 曽我兄弟の仇討ちとは日本三大仇討ちの一つで、仇討の模範とされていました。事件は1193年に源頼朝が巻狩りを行った際に曽我兄弟が父親の仇である工藤祐経を討ったものです。 幼い頃に父親を殺された曽我兄弟は貧しい生活を送る中でも父親の仇討ちを忘れず育ちました。準備を重ねて巻狩りが行われた晩に工藤祐経を討つことに成功しましたがその場で兄は他の武士に討たれ、弟は捉えられ斬首の刑に処されました。仇討ちの事件は江戸時代になると歌舞伎や浄瑠璃で取り上げられ人気を集め、現代でも広く知られています。 ・世の中で、人からそしられたり誉められたりするといったことは、塵のように儚く消え去ってしまうものである。 人に褒められると調子に乗ってしまい、心が浮ついている間に立場を奪われてしまうことはよくあります。儚いものだと理解しておかないと消え去ってしまいます。心がフワフワしないよう、丁寧に毎日を過ごしてください。

まとめ

 

多くの人に愛された西郷隆盛は最後まで自分と仲間のために戦いました。西南戦争では政府に勝てないとわかっていましたが、自分の意志を貫くために必死に戦ったのです。現在も上野公園には西郷隆盛の像が置かれていて、多くの人が立ち止まる場所となっています。生き方や心に関する言葉を心に留めて誠実な生き方をしていきましょう。

おすすめの記事