グンと運が良くなる転職の仕方・元気が出る言葉

今回は、「転職」する時の心の持ち方と、元気が出る言葉(格言・名言)を紹介しましょう。

グンと運が良くなる転職の仕方・元気が出る言葉・オープニング(5か条)

  1. 転職活動をしかめっ面で行ってはならない。
  2. やりがいがあって給料もいいところを狙え。
  3. 運命がどんどん開けると思って行動せよ。
  4. 貧乏神の顔かふくよかな顔かチェックして面接せよ。
  5. やはり世の中のお役に立ちたいと念え。

グンと運が良くなる転職の仕方・元気が出る言葉①

まず、ポジティブ思考にチェンジ❗

転職するためには、まず、あなたが面接官になったとして、どんな人を採用したいかを考えてみましょう。

たとえば、転職の理由を聞かれた時に、

  • 残業が多く休日が少ない
  • 給与やボーナスが少ない
  • 人間関係でトラブルがあった
  • 仕事がイヤになった、疲れた

あなただったら、こんな方を採用するでしょうか?

仕事に対しての、このようなネガティブなメンタリティが、そのまま漂っていると、「転職しても、またすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまいますね。

それでは、次のように答える方だったらどうでしょうか。

  • 必要に応じてもちろん残業も致します。でも、もっと仕事効率も挙げたいと、前職では提案してきました。
  • 「あなたの貢献に見合った評価」ということで御社の給与体系にはとても魅力を感じています。
  • あわせて、チームワークも重視するという御社の気風に憧れを感じます。
  • 私は仕事そのものがとても好きな人間です。誠実さをモットーとしています。でも、自分のスキルをもっと伸ばして貢献したいと考えて、今回、応募致しました。

以上のような、転職の時の「面接の受け方、転職理由などの答え方、しゃべり方」については、さまざまな書籍が出ているので、参考にされるとよいでしょう。

でも、「同じような答え方をしても、成功する方と失敗する方」がいます。

それはきっと、「表情」や「発している雰囲気・オーラ」が違うのです。 心から醸し出してくる波動のようなものと言ってもよいでしょう。

要するに、「いい波動」を出して転職を決めるには、過去にとらわれる「ネガティブ思考」から、未来へと向かう「ポジティブ思考」への チェンジが絶対に必要です。

 

グンと運が良くなる転職の仕方・元気が出る言葉②

転職のための格言・名言、オススメの15❗

給与や人間関係や体調の問題などで、転職を考える時はネガティブ思考になりがちですが、
この時にこそ、ナニクソと踏ん張って、意図して、考え方を大きくチェンジ。ポジティブな波動で道を切り開きましょう。

以下に、転職の時に、積極的波動になるための15の偉人の言葉をご紹介します。
「じっくりと味わって、心に刻み込むように」読んでみましょう。

 

  • マイルス・デイヴィス(アメリカのジャズトランペット奏者

試練はいつだってオレを10倍強力にするからな。チャレンジするのは大好きだ。