今回は、積極的になって元気が出るための言葉(秘訣)について考えてみましょう❗



 


元気が出る言葉と方法  積極的になるための秘訣①

 人生は旅、 自分は旅人だと思おう❗ 

「人生は学校のようなもの」であるとは、人魚姫などを書いた有名なアンデルセンの言葉。

ちなみにアンデルセンは子供の頃は俳優を目指していたが、思春期の声変わりに相当なダメージがあって俳優をあきらめた。

その後苦労を重ねたあげく童話作家に転向したと自伝に書いています。

人生、どこでどのように変わるかわからないもの。でも、その「変化」を積極的にとらえて面白いと思う人は、次第に道が開かれゆくようです。

(元気が出る言葉ポエム)

人生という『旅行(たび)』もなかなかいい。 

どうせなら、ワクワクして

さまざまな時を開く

さまざまな『鍵』を見つけよう。

(みらいのみらい)

 

元気が出る言葉と方法  積極的になるための秘訣② 

努力して、常に、

積極的な言葉を言ってしまおう❗

言葉には力があります。それを「言霊」と言います。
 積極的な言葉をいつも使っていると、
次第に、ご自分の周りにオーラが出てきて明るくなります。
特に強く断言する言葉は、その言霊から強いパワーが出ていて、未来へのサーチライトを放ちます。

(元気が出る言葉ポエム)

未来は明るい。

暗ければ、

光を灯すまで。

(みらいのみらい)

元気が出る言葉と方法  積極的になるための秘訣③

今日はとても素晴らしいことが起きる日だと

信じて祈ってみよう❗ 

積極的に生きるためには、毎日の同じような日常のなかで、いつしか心が萎えてくるのを防ぐこともとても大切です。

いつしか希望がなくなり、あたかも真綿で心を締められるように、じわじわと弱ってくる心といかにして戦うか。
その最低限の努力は、一日のなかで15分でもよいので、必ず、熱くもえる時間をセッティングすること。
単なる遊びではなく、何か熱中できることはないでしょうか。
英会話や語学、愛する方のために今日も幸福であるようにと思いを馳せること。
ちょぅとした心のこもったボランティア活動。歌を歌ったり、ポエムを書いたり、想像力や創造力を使うものならベリーグッドでしょう。
また、週のなかで特別な1日を決めて、次のように、強く強く願ってみるとよいでしょう。

(元気が出る言葉ポエム)    

噴水が舞い昇るような

今日はひときわ

美しい一日でありますように❗ 

(みらいのみらい)