元気が出るためには、疲れてひからびた心の癒しが必要です。

心の癒し方には幾通りもありますが、

今回は、幼子のような気持ちになることで、

癒しを体験してみましょう。

 

元気が出る言葉と方法   心の癒し方① 

子供の頃「妖精を信じていた時のこと」を思いだそう❗

子供のころよりももっともっと若い赤ちゃんの時には、
今はしかめつらしているコワ顔のオヤジさんでさえ、
「何でもない空中を見つめてニコニコと笑った」時期があります。

あれはきっと「天使や妖精さんが来て遊んでくれているのだ」と昔から言われてきました。

でも、これは単なる言い伝えではなく、かなり多くの方が、赤ちゃんをあやしている天使の姿を実際に見たと証言されています。

赤ちゃんや幼い子供の頃に信じていたり、「真実」であって、大人になって失ったものの代表のひとつは、歴史上語り継がれてきた天使や妖精の存在でしょう。

(大人になっても、妖精グッズなどは、

「かわいい! 癒される!」と、とても人気ですね。その理由のひとつは、子供の頃には観

えていたものへの愛着でしょうか?)

それでは、

「大人の目には見えないものの存在証明」議論は横において、

今は子供の心・子供の目になって、

次のような要領で心を遊ばせてみましょう。

 

 

元気が出る言葉と方法   心の癒し方②

 そうと、子供の眼で観てみよう!

 

たとえばここに、大きな羽根の入れ物になっている置物があるとして、

そのなかには、時々、キャンディーとともに、妖精が眠っていますと言えば、あなた

は、「そうかもしれない」と心を遊ばせることができるでしょうか。

妖精ではなく、美味しそうなリンゴが載っているという方もおられるかと思いますが、それはそれでグッドでしょう。

小難しい大人的常識ではナンセンスと思われるかもしれませんが。

「今、妖精さんが起きたよ」とつぶやく子供の言葉を、はなから否定する大人もとても

哀れな存在でしょう。

さあ、あなたも、幼子のような心になって、心遊びをしてみまししょう。(でも、これは

遊びではなくて、真実のことだと妖精から叱られそうですが)

(元気が出る言葉・ポエム)

妖精が眠っている姿が

ありありと観えてきそう!

大きな羽根の置物のなかに💫💫

(みらいのみらい)

 

元気が出る言葉と方法   心の癒し方③

心で感じ取る香りも大切にしよう❗

 

妖精の次はお花になります。

「お花の写真から香り」を感じてみましょう。

あなたは雑誌などの花の写真からはどんな香りがしてくるでしょうか。

もちろん正解はありません。

その日の調子によっても違うでしょう。でも楽しんでください。その花の向こうにも

花々が咲いていますよ。

その花は草原のなかに咲いているのでしょうか。いいえ。と、あなたは思われるでしょ

うか。

いろいろと想像力を拡げて、でも、香りを感じ取るのを忘れずに、うっとりとしてみて

みましょう。

(元気が出る言葉・ポエム)

花の写真からも

花々をまだ飾っていない花瓶からも

香りがあふれている 

(みらいのみらい)

そしてせっかくですから、このお花のそばに、妖精さんも登場させてみましょうか。

(元気が出る言葉・ポエム)

妖精は

本当にいるって、

これは当たり前のこと。

(みらいのみらい)